神経の圧迫

異なる手術費用

腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄神経が通る脊柱管と言う場所が様々な原因で狭くなった病状です。様々な原因とは、骨の異常増殖や黄色靭帯の肥厚によるものが代表的です。ヘルニアや後縦靭帯による神経の圧迫とは別な病気で区別されています。 治療には、保存的療法と手術療法とに大別されますが、後者では病状によって手術の手技が異なります。また、医療機関や専門医師の判断によっても大きく左右される事があります。 従来から行われている神経圧迫を強めている場所の除圧を目的とした手術では、特殊な機材を用いず施行されます。一方、体内に金属を埋め込まなければならない手術や内視鏡の様な特殊な機材を用いる手術も最近では多く施術されている傾向にあり、それに伴い手術費用の増大も見受けられます。腰部脊柱管狭窄症の手術といえど様々な手術が存在し、それに掛かる費用も大きく変わるものとなります。

腰部脊柱管狭窄症手術変遷

腰部脊柱管狭窄症の手術では除圧を目的とした手術が古くから行われ、現在でも数多く施術されています。しかし近年では、医療機器の発展と導入拡大に伴い手術における患者の負担軽減が図られた手術も多く見受けられるようになりました。特に、従来の手術に比べ背部切開の狭さや時間短縮が改善され、患者の精神的不安を和らげるものとなっています。 また、腰部脊柱管狭窄症に用いられる事もある体内金属の素材や機材の発展も著しいものであり、安定性、寿命性、手技容易化など優れる変遷を見せています。現在、腰部脊柱管狭窄症の手術に用いられる医療機器と機材の種類は非常に数多く存在しますが、手術方法を含めあらゆるものを決定するのは医師の判断に委ねられているのが現状です。患者の状態によって、最も成績良い手段を選択する事は古くから変わらないものですが、その選択肢は非常に多くなっているものとなります。