腰を押さえる男性

下肢静脈瘤の手術

下肢静脈瘤はひどくなってきた場合には手術で患部の静脈を取り除くか、熱で静脈を焼いて閉塞させる必要があります。技術の進歩により、痛みや出血が少なくてすみ、患者の体に負担のかからない方法で手術が行われるようになりました。

» 詳細を確認する

神経の圧迫

腰部脊柱管狭窄症の手術とは、単に一つの手術方法だけではありません。医療機関及び手術を施行する医師によっても大きく左右するものとなります。また、腰部脊柱管狭窄症の病状によっても変化するものです。

» 詳細を確認する

胸腺腫瘍について

胸腺腫瘍とは、場合によっては命に関わる事もある疾患です。治療方法としては手術が行なわれる事が多く、それ以外には放射線治療や、薬物療法が行なわれる事もあります。不安を取り除くためにも、治療方法の知識をつけておきましょう。

» 詳細を確認する

背部を切開

内視鏡による椎弓切除術

腰部脊柱管狭窄症の手術は、過去より椎弓切除術や拡大開窓術とよばれる方法が行われてきました。これらの手術は脊髄の除圧と呼ばれる治療であり現在でも行われている手術ですが、背部から大きな切開することによって行われているのが実情です。除圧を行うためには、背部の切開に加え筋肉を開かなければいけません。また、骨を削る行為は視野は広いほど行いやすいものです。大きな切開は仕方ない事ではあるのですが、患者からしてみれば小さな切開を望むものです。 そこで近年、内視鏡を用いた椎弓切除術が行われるようになりました。この術式では、背中の切開がわずか2センチ弱程度で済みます。また、筋肉への傷の少しで済むのでリハビリが早く開始できる事に加え、入院期間が大きく短縮されます。このような切開の少ない手術は今後も多くの患者が望むものであり、多くの医療機関で行われる予測がなされます。

内視鏡における椎弓切除術の注意点

内視鏡における腰部脊柱管狭窄症の手術は、患者にとって非常にメリットの多い手術である事が分かります。また術後における寝たきりを一日でも早く改善できる事は、褥瘡予防や静脈血栓予防面においても非常に優れているものとなります。 しかし、内視鏡における腰部脊柱管狭窄症の術後のケアは非常に重要で、従来より行われてきた椎弓切除術や拡大開窓術同様な扱いを行わなければなりません。なぜならば、骨を削る行為は全く同じ事であり、削った場所から血液が溜まり血腫を作ってしまうからです。血腫があると急速に脊髄圧迫する恐れもあり迅速な処置が必要なのです。また、感染症も血腫同様の事が言えます。 内視鏡における手術では、大きな切開と異なりモニター上での手技となります。直視より狭い視野となりがちな手術でもある為、かなりの熟練が必要となります。実際に経験や知識がないと行えない内視鏡の手術ではありますが、施行する医師の経験によって手術時間に影響するものとされています。メリットが多い内視鏡による腰部脊柱管狭窄症の手術でありますが、手術手技や手術後に対する注意は、従来の手術同様の扱いとなっているのです。